葬儀お役立ち情報

第2回 【葬祭給付金制度について】

国民健康保険(後期高齢者医療制度)・健康保険加入者が亡くなり葬式が執り行われた後、葬儀を行った遺族が手続きを行うことにより葬祭費(埋葬費)が支給される制度です。

国民健康保険の加入者が死亡した場合

※横浜市の場合です。

支給額・・・・・・5万円

<申請に必要なもの>

申請する方の本人確認書類

印鑑(朱肉を使用するもの)

喪主の確認ができる書類
(葬儀店の領収書、請求書または会葬礼状など)

金融機関の預・貯金通帳又は口座番号などの控え

※ お手元にあれば亡くなられた方の保険証を申請時にお持ちください。

※ 葬祭を行ってから2年で時効となり、申請ができなくなりますのでご注意ください。

※ 下記1、2、3に該当する場合には、死亡時に国民健康保険に加入していても、以前に加入していた健康保険から埋葬料が支給されます。
詳しい手続き等については、以前に加入していた健康保険にお尋ねください。

・以前に加入していた健康保険から支給される場合
1 死亡前3か月以内に以前に加入していた健康保険に、被保険者本人として加入していた場合
2 死亡時または死亡前3か月以内に、以前に加入していた健康保険から、傷病手当金の継続給付を受けていた場合
3 死亡時または死亡前3か月以内に、以前に加入していた健康保険から、出産手当金の継続給付を受けていた場合

健康保険加入者が死亡した場合

申請は亡くなった方の勤務先の社会保険事務所に行いますので、まずは勤務先にお問い合わせください。

支給額・・・・・・5万円

※葬祭を行ってから2年で時効となり、申請ができなくなりますのでご注意ください。

<申請に必要なもの>

●死亡した方の健康保険証

●死亡を証明する事業所の書類・捺印

●喪主の確認ができる書類(葬儀店の領収書、請求書または会葬礼状など)

●喪主の印かん(朱肉を使用するもの)

※扶養されている家族が亡くなった場合にも、家族埋葬料の申請ができます。

 

「花の匂い」

イメージキャラクター「ハナちゃん」